学生 キャッシング 親バレ

学生キャッシングで親バレする理由

学生がキャッシングに申込む場合、誰でも「親にバレてしまうこと」が気になると思います。

 

キャッシングした事が親にバレてしまうと、無駄遣いをしているのではと思われたり、お金の使い道のことで詮索を受けてしまったりするからです。

 

学生のキャッシングで親バレしてしまう理由としては、

 

 ・自宅にカードが郵送された
 ・ローンカードが見つかった
 ・自宅宛に請求書が届いた

 

などがあります。

 

 

まず、キャシングをするにはカードが必要ですが、カードが自宅に郵送されてしまうと、高い確率で親バレしてしまいます。

 

申込時の郵送物をなしにするためには、インターネットから申込むようにし、カードは自動契約機で受け取る方法を選びます。

 

自宅への郵送物がなければ、申込時の親バレは心配ありませんので、カードの受取り方法だけ注意するようにしてください。

 

 

また、利用中にカードが親に見つかってしまい、それで親にバレるケースがあります。

 

カードの管理をしっかりとするようにし、無防備にその辺に置いたりしないようにしましょう。

 

 

なお、融資を受けたとの毎月の返済が遅れてしまうと、自宅宛に請求書が届くことがあります。

 

請求書が届いてしまうと、親にバレてしまいますので、毎月の返済は確実にこなす必要があります。

 

学生がキャッシングを利用するときは、無理のない利用が大変重要になりますので、返済プランを立ててから申込むようにしましょう。

 

返済プランを立てるときは、返済シミュレーションを使うのが便利になりますので、カードローン会社のホームページで確認してみてください。